<5.7以降の今後の営業について>

​(2020年5月6日)

昨日と、改めて本日と2回、県からの記者会見の動画を見させていただいた上で、本日までとさせていただいていた当店の休業につきまして、当店の方針をご報告させていただきます。

 

<店舗での営業につきまして>

まずは「ぜんざいのテイクアウト」のみではございますが、再開の準備が出来次第営業してみようと思います。営業の日時は追ってSNS等でご連絡いたしますが、営業再開の準備に取り掛かりたいと思います。

営業再開する上で、県から「3密を徹底的に避ける」とのお願いがありました。当店としましては以下のような取り組みをしながら営業いたします。

★「密閉」を解消するための取り組み

正面出入口と勝手口を開放し換気に努めます。

★「密集」「密接」を解消するための取り組み

店内への入店を1組ずつとさせていただきます。

→店主とのやりとりはカウンター越しとさせていただきます。

→お店の外で待たれる方むけに <店舗の外でお待ちのみなさまへお願い> という紙を貼って、ご来店いただいた方の安全に対する取り組みを促します。

★  店主の取り組み

→開店前に店内のカウンター、テーブル、調理器具等の消毒を徹底いたします。

​→営業中のマスク着用。

→調理中、手指の消毒を徹底。

キャッシュレスでのお支払いを推進。(完全キャッシュレスではありません。現金でのお支払いもお受けいたしますが、キャッシュレス対応をアピールさせていただきます)

 

まずは以上のような対応をしながら営業いたします。

その後、様子を見ながら、店主が「危険だ」と判断した場合は、例え営業中でも「休業」とさせていただきます。

逆に「ぜんざい以外のメニューへのチャレンジ」「完全予約制での店内での飲食」なども「安全」を確認しながら模索していきたいと思います。

 

 

<イベントへの出店について>

既に先の予定としてお受けしているイベントがございますが、イベント主催者と「3密」を避けて安全の確保を最優先に出店について協議してつどつど決定いたします。

<県外のみなさんへ>

佐賀県から「県をまたいでの移動は極力避ける」との方針が出ており、新型コロナウイルスの早期終息のためには必要な措置だと考えますが、この部分に関しては、とりあえずみなさんのモラルを信じてみたいと思っております。

ただし、県外からのご来店が頻発する場合は、佐賀県在住を証明するものの提示等を求めるような対応を取らせていただくかもしれません。県外にお住いの方には非常に冷たい対応だとは認識しております。
特に福岡県にお住いの方々につきましては「特定警戒地域」の継続ということで、心身ともにお辛い状況かと思いますが、引き続き外出を控えていただき「接触8割減」を徹底いただき、早期封じ込みの成功へ導いていただきたいと切に願います。

コロナ終息を成し得た際には、「県外へのイベント出店」も積極的に行いたいと思いますし、「県外にお住いの方限定でのイベント」等も企画したいと思います。

最後に、
県知事からのコメントにもありましたとおり、
「油断しないで、緊張感を持って」
をスローガンに、引き続き頑張りましょう!

コロナ対応

Copyright© 2019 YONAYONA ANKOBO All Rights Reserved.